樹状細胞治療とは

ナースステーション

樹状細胞とはガンを攻撃するリンパ球に指令を出す細胞の事で、この細胞を使った治療法の事を樹状細胞療法といいます。抗がん剤治療とは違いご自身の免疫力を利用した治療です。この樹状細胞療法の平均的な価格は1セットあたり170万円〜200万円ほどかかるようです。この治療法は細胞を育ててから投与する治療なので、高額なものになるようです。この治療法を行っている医療機関により価格が多少変わりますが、人工抗原を使用した場合ですと170万〜180万円前後、患者の抗原を利用した場合は180万円〜200万円ほどかかるようです。またこの治療は公的保険の適用外のものとなります。その為全額負担となり、初期検査費用、初診料、再診料が別途発生します。

樹状細胞療法の価格は先ほどの通り約200万円かかる高額な治療と言えるでしょう。しかしこの価格には治療だけではなく、生成したワクチンの保管料や別の場所で作らなければならなかった時の輸送料等が含まれている場合があります。この樹状細胞療法を独自で一括で行っている医療機関であればその分の料金が減ります。また患者の症状によって生成するワクチンや細胞の種類が変わる場合があります。これによっても料金が変化します。かなり高額な治療法ですが、副作用が非常に少ないもので発症したとしても注射の際に針を刺した患部に炎症ができる程度で治まります。今までのがん治療で抗がん剤の副作用や、術後のケア、再発などにかかる追加費用よりは安いと思われます。