樹状細胞治療とは

ナースステーション

樹状細胞療法は身体の免疫力を助ける樹状細胞と呼ばれる細胞を使用した治療方法です。この樹状細胞とは、リンパ球と呼ばれる免疫機能と大きな関係を持つ細胞に関わるもので、この治療法を行なうことで、自身の免疫力を活用できます。

Read more

耳に関する病気

ヘルパーと男性

聴神経腫瘍とは、近年羅患数が増えている病気の1つで、文字通り聴神経と呼ばれる耳の中の神経に腫瘍ができる病気です。この聴神経腫瘍になってしまった患者は様々な検査を行ない、治療方法を決めていきます。

Read more

難しい病気

機材を操作する医師

潰瘍性大腸炎とは、大腸の中に腫瘍ができる病気で、昔は欧米に多く、日本人のら関数は少ないものでした。しかし、食生活の欧米化に伴い日本人の羅患率も増えて来ています。そのため、日本では治療法があまり確立されていません。

Read more

最新の治療方法

研修医

皆さんは、樹状細胞療法をご存知でしょうか。樹状細胞療法は、免疫細胞療法の1つです。免疫細胞療法とは、Tリンパ球やナチュラルキラー細胞、そして樹状細胞等の細胞を取り出した後、体外で培養して、再び本人に戻すというがんの治療法です。 そして、がんの3大療法と呼ばれていた、摘出手術による外科療法や、抗がん剤等を使った化学療法、そして放射線療法のようなリスクや激しい副作用がない等のメリットがあるため、一部の医療機関で行われるようになってきた治療法なのです。 免疫細胞は、それぞれに異なる働きを持っており、樹状細胞は、がん細胞を見つけ出し、細胞性免疫を司るTリンパ球に、がん細胞の情報を伝えるという大変重要な役割を果たしているのです。

樹状細胞療法の注意点について説明します。現在のところ樹状細胞療法は、医学的な治療効果が証明されていないこともあり、自由診療という扱いになっています。ですから、健康保険が使えず、患者サイドは高額な治療費を全額支払う必要があります。 また、限られた医療機関でのみ行われていますから、患者によっては遠方から訪ねて行く必要が出てくるのです。 しかし、樹状細胞療法は、特にがんが進行している患者に対しては、試してみる価値がある治療法と言えます。また、がんの3大療法である化学療法や放射線療法と組み合わせて行うことで、がん治療の相乗効果も期待することができますから、まずはインターネットで、樹状細胞療法について検索してみることをおススメします。

転移した場合

リハビリルーム

癌が転移した場合は、すぐに癌を見つけ出して、薬物療法か摘出などによって外乱を取り除くことが大切です。根本的な対策法として、抗がん剤治療があります。再発防止のために、抵抗力を身につけることも大切です。

Read more

肺にできるがん

ハビリ中の子供

肺腺がんは死亡率の高い恐ろしい病気です。一般的には肺がんと呼ばれる病気で、肺の中に悪性のがん細胞が 広まって起きる病気です。しかし、死亡率が高くても、治療が出来ないという訳ではありません。

Read more